高槻市でからだの不調を楽にする、痛みのないソフトな整体で高い効果を実現します。

流れ・動く ソフトカイロプラクティック院


健康になるには♪

前回の健康について、パーフェクトクラニオロジー協会 会長 宮野博隆による健康の定義は「脳が必要十分に活性している、全ての体液の循環が正常(滞っていない)である」とする。これが一番わかりやすく、理にかなっていて誰もが納得する定義だと思います。

それでは!健康になるにはどうしたらいいのでしょうか?

1.睡眠(休養)
2.運動
3.食事

この3つが必要です。

当たり前のことですがなかなか難しかったりしますよね!

そして、特に重視していただきたいのが睡眠です。この睡眠によって脳・からだの機能を回復させます。
気を付けていただきたいのが睡眠の質です。睡眠時間も大切ですが、脳・からだを休める(回復させる)ためには質をどれだけよくするか!
そのために行っていただきたいことがあります。

1.室温は20℃前後(一年を通して)にする。
夏場は必ずクーラーを起床時までつけておく。

2.長袖長ズボンのパジャマを着用する(夏場も)。

3.布団をシッカリ掛ける。

この3点を行っていただければ、シッカリぐっすり質のいい睡眠が取れるでしょう。

ではなぜこのようなことを行わないといけないのでしょうか?
それは快適で質のいい睡眠をとるためにはからだと寝具との間の温度を33±1℃・湿度50±5%に保つことがいいとされています。

やってはいけない最悪な例を挙げると

夏場に半袖短パンで何も掛けずにクーラーをつけタイマーを1~2時間セットする。
何が最悪なのでしょうか?

肌を露出していることで肌表面が冷えてしまいます。すると交感神経が優位になり体温を上げようと腎臓が働きます。これは起きている時と同じ状態で脳・からだは休まっていません。そして今度はクーラーのタイマーが切れ室温が上がってくると体温も上昇します。すると体温を下げないといけないのでまた腎臓が働きだします。汗をかきからだの水分が足りなくなります。これも交感神経が優位になっているので脳・からだは休まっていません、起きている状態とかわりません。そしてまたクーラーのタイマーをセットする。これは悪循環です。ということは寝ていても脳・からだはずっと起きているのです。このような状態が続くと自律神経は乱れ、当然からだはだるいし寝不足になるし、やる気も起こりません。いわゆる夏バテになります!

そうならないためにも特に夏場は気を付けて質のいい睡眠をとりましょう。

春秋は空気清浄機をつけて、冬は乾燥しないように加湿器をつけ首元が冷えないように心がけて下さい。


体調が悪くなるのと電気代、どちらを選びますか?
最近のクーラーは省エネなので、昔みたいに電気代もかからなくなってきています。

気持ちよく、ぐっすり質のいい睡眠を取りましょう!


運動・食事については次回お話いたします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

流れ・動く ソフトカイロプラクティック院のご案内

住      所:

〒569-0036
大阪府高槻市辻子3丁目67-20

アクセス:

JR高槻駅・京阪枚方市駅から車で15分
JR高槻駅・ 阪急高槻市駅・京阪枚方市駅
京阪バス『内黒地橋』バス停下車 徒歩3分

お問い合わせ・ご予約
072-601-7576
営業時間:
9:00~18:00
休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ